Business Card

名刺にのせる情報について

女性

名刺を作成する上でまず必要なことは、どのような情報を記載するかについて考えることです。例えば、会社名、部署名、氏名、郵便番号、住所、電話番号や内線番号は基本的なものですが、そのほかメールアドレスや携帯番号も最近は入れるようになっています。特に営業職の方はメールアドレスや携帯番号は必須かと思いますので、記載をしましょう。
また、海外の方とやりとする場合には英語での表記も必要です。基本的には日本語、英語の名刺を1枚ずつ持つというよりは経費節減のために表に日本語、裏に英語の記載という形式で作成すると良いと思います。その際、電話番号はくれぐれも国際電話の番号として国番号を含めた番号を記載するようにしましょう。例えば日本の場合は+81を先頭に電話番号を記載することになります。
加えて、氏名について読み方が難しい場合には、漢字の上にルビはつけて、相手にわかりやすくする工夫も必要であると思います。さらに名刺を渡した相手が忘れないようにする工夫としては、写真を載せることです。ある会社では営業職のインパクトを持たせる為に写真を掲載している名刺を作っています。このように名刺一つとってみても、相手に自分を知ってもらう為に使うツールですので、掲載する情報は工夫は必要です。